緒永廣康 「ソメチメス」(sometimes)29

18.干支に因み~「PEANUTS」の魅力(1)

 かなり遅ればせながら、謹賀新年。

 早速だが、「ピーナッツ」と聞き、何を思い浮かべるだろうか。炒ったり茹でたり

して、ビールのつまみに合う落花生のことだろうか。私がこれから書きたいのは、もし

かしたらスヌーピーと言った方が分かり易いかも知れない。そう、あの二足歩行可能な

ビーグル犬が登場するコミックのタイトル「ピーナッツ」の事なのだ。

 このコミックとの出会いは中学生の頃まで遡る。それは同級生の女子が校内文集に

書いた読書感想文を読んだ時の事だった。その生徒は物静かで、私は直接会話した事

など殆ど無かったが、相当な読書家だという話は聞いており、その読書家が敢えて漫画

の感想文を書くギャップに興味を持ったのだ。

 私はそれまでマンガという物を殆ど読んだ事が無く、(もっともテレビでエイトマン

やスーパージェッター、また魔法使いサリー等は見ていたが)いわゆる少年マンガ雑誌

は親も買ってくれなかったし、特に読みたいとも思わなかった。 それでもその時私は

近所の比較的大きな書店で、試しに「ピーナッツ」を1冊購入して来た。新書サイズで

冒頭に主な登場人物の簡単な紹介、そして各ページ四コマ漫画が並び、吹き出しの中に

は詩人の谷川俊太郎氏の訳文、欄外に本来の英文が表記されている。先ず分かった事

は、このコミックの主人公はスヌーピーでは無く、その飼い主であるチャーリーブラウ

ンだという事だ。

 さて、そのコミックの内容はと問われれば最初の数ページを読んだ段階では、はっき

り言って、あまりピンと来なかったと言うのが実際のところだった。勿論、初めて目に

するのであり、その背景も何も分からない状況なので仕方無いと思うが、折角買ったの

だし、なんと言っても稀代の読書家ご推奨の漫画なので、そのまま読み続けた。

 読み進んでいるうちにある事に気づいた。谷川氏の翻訳は原文とは結構違う部分が

あるのだ。尚、私は小学校低学年の頃、姉の英語の家庭教師に週一回、約15分程指導

を受けその後高学年になると、ラジオで聴いたサイモン&ガーファンクルにハマって、

レコードを購入、歌詞カードを見ながら、ポールサイモンの才能に驚愕し、また美しく

心地よい韻の踏み方など学んで、学校の成績は別にして英語は好きな言語だった。

従って「ピーナッツ」の訳文も、最近で言う超訳に近いものがあると一人勝手に納得、

日本でこれだけ支持されたのも、詩人である谷川氏の力に寄るものも大きいと今でも

思料している。

 取敢えず最後まで読み切ると、このコミックの性格がおぼろげながら理解出来たよう

な気になっていた。

その結果どうなったか。結論から言うと、私はこのコミックのシリーズを次々と入手し

始めたのだ。<続>