緒永廣康 「ソメチメス」(sometimes)27

16.日本の地方自治の性質 1975年 (2)

 近代民主政治の先進国、イギリスやアメリカにおいて地方自治が発達し、日本では

そうでない事は、歴史的な問題があると考えられる。これは前に「日本に於ける市民

形成の可能性について」で述べた事だが、日本の都市の多くが旧城下町に発する封建

都市であり、その封建体制の中で資本主義が開化し、都市がこの制度と資本主義の結合

関係のうちに発達してきたという事である。

 そして住民の意識自体にも問題があげられる。日本では市民意識がまだ十分に行渡っ

ていないと思われ、特に農村などでは前途に不安を持ちながらも、食糧を自給する強み

がある為、何とか食っていけるという事から、現実を見つめ分析しようとせず、現在の

政策が自分のための政策ではないと思いながら実際の投票行動において、漫然と保守

政党を支持するという傾向が散見される。

 更に何よりも政治的無関心という現在の風潮が問題である。住民の政治的無関心

時として自治の独善的運用に格好の基盤を提供し、時として象徴的操作の絶好な対象

を形成していることになる。従って住民の政治教育が必要となるが、これは住民個人

が日常生活の中で学んでゆく事が重要である。冒頭のブライスの「地方自治は民主主義

の最良の学校である」という言葉は正にその通りなのである。しかし自治振興の道は

理念ばかり説くのではなく、住民との精神的距離を無くさなければならない。それには

先ず役所の窓口が住民の要望を満足させられるサービス精神に溢れ、議会の討論が家庭

的親近感で参加できるような形が望まれる。その意味でもイギリスの地方自治をより

見習うべきと思料する。

 日本はいわゆる島国根性で、狭い郷土意識、部落意識が残っており、「地元の為に」

という論理で代表を選ぶ態度が一般的であり、地域社会の発展が周辺社会に対して調和

ではなく、軋轢しかもたらさないということもしばしばある。従って地方自治は閉ざさ

れた社会から、より近代的な開かれた社会への転換を図るべきである。<終>

 

      *      *      *      *      *

 

 ソメチメス25「日本に於ける市民形成の可能性について」と同様、地域社会学

レポート。どちらも内容がタイトル負けしている感は否めない。2017年12月