緒永廣康 「ソメチメス」(sometimes)23

14.めもらんだむ 1978 1.

 僕は今日も学校に行かなかった。所謂自主休講である。昼近くまで寝ていたのを、

間違い電話で起こされて、することも無く一人ビールを飲んで煙草を吸った。少量の

アルコールは、しかし僕を少し酔わせて、意味を成さない幾つかの言葉を呟かせた。

 ー Mama stop!  turn you around.  Go back!  think it over...。It's all over now...。

When you see me, fly away without you...。And I must lean to live without you now...。

どれも歌詞の一節ばかりだ。それをビール片手にボソボソ歌う。「それにしても考えて

みれば、随分酒に弱くなってしまったものだ。大学に入って間もない頃は平気でウイス

キーのボトル1本空けていたのに。」そして僕は、ふと思い立って昨夜から書き始めた

小説を読み直してみた。「しかし、これが何になるのだろう。詩が書けないから、今度

は小説か。安っぽい恋愛小説。過去ばかり振り返る主人公、去って行く女。そうだ女は

去って行く、軟弱で不器用な男から。優しい男、男らしい男、話題が豊富な男、お洒落

な男。僕に言わせれば、どれも白々しいだけだ。もう安田や村井ともこれっきりだ。

彼等の都合のいい時ばかり利用されるのはまっぴらだ。下らない冗談に相づちを打っ

て、大袈裟に笑い転げるなんて…。」しかし僕を苛立たせている本当の理由はそんな事

ではなかった。「そう、今日は和子の結婚式の日だった。」僕は再びペンを取って小説

の続きを書き始めた。書けるうちに書けとでも言いたげにペンは走った。

 「私ね、再来月結婚するの。相手は島崎君の知らない人よ。今はサラリーマンだけ

ど、実家が九十九里浜で旅館をやっていて、いずれはそこを継ぐみたい。披露宴には来

てくれるでしょう。あなただけ呼ばないと人が変に思うから。きっと来てね。今日来る

途中、招待状を出したの。」別れ際に出来るだけ平静を装って、和子は言った。<続>