緒永廣康 「ソメチメス」(sometimes)21

12.DTM 1993年 2.

 DTMはデスクトップミュージックの略である。文字通り机上でデータさえ打ち込め

ば、ソロピアノからバンド演奏、果てはオーケストラまで録音・再生が機械で出来てし

まうのである。しかも打ち込んだデータは変更可能で、メロの差し替え、強弱、テンポ

音色、エフェクト、転調等々、すべてディスプレイで可視化状態で出来てしまうのであ

る。かってアナログ多重録音で苦労していた時代のことを考えると、まるで夢のような

環境を手に入れたのだった。

 それからというもの、どっぷりDTMに浸り込み、手持ちのオリジナル曲を金曜の夜

から土日は寝食を忘れて殆ど打ち込みを続けた。早く出来上がりを聞きたいからで、

だが、時間は瞬く間に過ぎていく。ついには病が高じて、月曜の朝起きられず会社を

遅刻することも何度かあった。

 唯一やっかいなのは、打ち込み中PCが突然フリーズしてしまう事である。再起動

するしかなく、新たに打ち込んだデータは元に戻ってしまう。これにはこまめに上書き

保存を繰り返す事で対応するしかなく、面倒だが仕方無い。

そうこうしているうちに段々慣れて来て、そうなるとプロの作ったデータを読み込んで

パラメータを解読し参考にしたり、自画自賛ながら私のデータも多少洗練されてきた。

また音源を増設したり、ギター入力する為にギターミディコンバータなるものも購入し

たが、このコンバータはギターマイクの精度が低いのか音飛びがして殆ど使い物のなら

なかった。

 私は5人編成のド下手バンドに入っていて、一応リードギターとキーボードを担当。

専ら演奏技術向上の為スクウェアのコピーと、最終的にはオリジナル曲の演奏を目指し

ているが、なかなか上手くいっていないのが現状である。しかも練習4時間、反省会

(飲み会)6時間だから結果は言わずもがなである。このバンド練習にもDTMはその

力を如何なく発揮して、簡単にデモテープを作り、後は符割した簡易楽譜を配るだけで

新曲をメンバーに伝える事が出来る。

 私としては、みんなでワイワイ演奏するのも好きだし、DTMでじっくりストリング

ス等のアレンジを考えるのも悪くない。ただPCで何でこんな事が出来るのだろう、と

言う謎は未だに解決していない。<終>1993年

 

      *       *       *       *

 

 時はwindows3.1の時代である。このVisionというソフトはWIN95版で終了

してしまい、それをWINmeでだましだまし使っている。システムは健在で、今はも

っと進んだ物があるのだろうが、取り替える気は起きていない。バンドの方はメンバー

一人が早世したこともあり自然解散。一度レコード会社の新人募集があり、オリジナル

2曲のテープと写真を送ったが、審査に時間がかかっているのか、未だに返事が来な

い(笑)。2017年8月