緒永廣康 「ソメチメス」(sometimes)19

11.中国1996年(南京、武漢、上海)3.

 上海空港から市内へバスで移動中、建設ラッシュの街並み指しながらのガイド氏は、

「中国では高速道路や地下鉄建設に際し、そこに住む者には別の地区に新しい住宅を

用意する。従って移転問題は全く発生せず、住民はかえって喜んでいる。」と説明し

た。

 さずがは中国共産党と思わず納得してしまいそうだが、1995年3月、北京の人民代表

大会に、住み慣れた住居の撤去命令を受けた上海の人達が請願に訪れた事は事実である

し、同年の暮れ以降バブルがはじけ、各開放地区の高層ビルやマンションの価格は急

落、入居者のいないビルも多いという。本年8月には、上海浦東開発地域での大型用地

土地使用譲渡と、新規マンション建設許可が禁止となった。これにより国内投資家は

大打撃を受け、海外投資家は撤退を余儀なくされる。中国は政策を転換したと指摘する

人もいる。

 香港の返還を控え、中国の将来について様々な見方がある。作家であり実業家の永漢

は、1993年の著書「中国人と日本人」で「これからはアジアの時代」と述べ、「中国

経済が大きく発展することは間違いない」と予見していたが、今は悲観的な立場をとっ

ており、また、中国民間経営者の大陸脱出が始まっているという話もある。

 人口・食料問題、開放政策の引き締め、人民の不満。他の共産圏・社会主義国家が、

次々と崩壊していったように中国共産党一党独裁も終わりを告げるのだろうか。それと

もあの天安門事件の如く、再び力をもって現体制を維持するのだろうか。

 しかし現在の中央政府もたかだか五十年足らずの権力者に過ぎず、四千年の歴史の中

勃興し滅んでいった幾多の王朝のひとつと考えれば、中国は気が遠くなるような時を

経てマルクス・レーニン主義ではない、独自の共産主義を確立することがあるかも知れ

ないと思えてくるから不思議だ。そして蘇州の静かな佇まいと運河の賑わいは、その時

になっても何も変わっていないのかも知れない。

 唯、同時代を生きる者として私は、上海バンドを楽し気に歩いていた、あの若いカッ

プル達の将来が少し気がかりではある。<終>1996年

 

      *       *        *        *

  

 二十年前と現在の中国、その間に三度訪れる機会があったが、外観は変わっても本質

に大きな変化は無いように思える。貴方はどう考えるだろうか。2017年7月