緒永廣康 「ソメチメス」(sometimes)14

10.韓国1995年(釜山、慶州、ソウル)2.

2. Sleepless night on Camellia

 船での渡航という言葉には、何かしらロマンチックな響きがあるが、別にタキシード

持参、豪華客船の旅という訳でもなく、ましてや数時間の航海である。そして乗船した

途端、船内に漂うキムチの臭いが、我々がこれから何処に向かっているのか、否応なし

に認識させてくれる。

 夕刻出港後、ラウンジにて会食、幸い日本海はベタ凪のようで揺れも無く、各人自己

紹介、余興のカラオケ等、和やかな雰囲気のうちに、初日の夜は更けていった。

 さて四人部屋の一等客室に戻り、就寝しようとするが、空調は音の大きさの割には

一向に効かず、妙に暑い。またベッド幅は狭く、寝返りは左右半回転が限度。そして

二段ベッドの上段には落下防止のベルトが無く、たまにベッドから落ちる私としては

気が気でない。しかし安全ベルトが無いということは、これまで落下事故が無かった

という事であろうし、怪我をして本船や研修団に迷惑をかけ、挙句に笑い者になって

しまう訳にもいかず、これはもう眠らない事にするしかないとの結論に達した。

 しばらく雑誌などを眺めた後、取敢えず明かりを消して目を閉じていると、ロビー

からまるで喧嘩でもしているような声(韓国語なので話の内容は当然判らない)が聞

こえてくる。後で現地ガイド女史から聞いた話によると、韓国の人達は概して議論好き

であり熱し易く、その際、周囲をあまり気にしないとの事。これは日韓異質性論を展開

する学者が、先ず指摘する行動様式の差異のようだ。即ち、

(1) 公開の場で争う。

(2) 争いは原則として一対一で、集団化しない。

(3) 行動が派手である。

(4) 裁定者に当たる者がいない。

(5) 争いはその場で終わり、あとをひかない。

善し悪しは別にして以上の特徴があり、そこが日本とは違うという。呉善花という人の

著作には、これをワサビと唐辛子を引き合いにした面白い表現がある。曰く、「ワサビ

を食べたときの血液は、特に心臓のほうへの偏りを見せる。そのため、鎮静作用が働い

て、精神に落ち着きをもたらしてくれる。一方、唐辛子を食べたときの血液は、ワサビ

の場合とは違って、頭部のほうへ偏りをみせる。それが神経に刺激を与え、血液の循環

をよくすると同時に、精神的に興奮しやすい作用を生み出している。」という。まあ

香辛料のせいだけではないだろうが、深夜に船中であの騒ぎは、違和感と多少脅威すら

覚える。ひょっとしてトイレに行く時に見咎められ、反日感情の標的にされるかも知れ

ないなどと被害妄想に取り付かれ、生理現象をも抑制された眠れぬ夜は果てしも無く

長く続く・・・。

 と言いながら、そのうちウトウトとし始めた時、今度はアンカーを打つガラガラと

いう音で、レム睡眠状態から目覚めた。Good grief !

 朝食後、船はシフトを開始し、我々はデッキに立って港の説明を受ける。幾分風は

冷たいが、朝の陽光に輝く街並みと背後に迫る山々を一望にしながら、世界第五位の

コンテナ扱い量を誇る釜山へ入港して行くのは、なかなか気持ちがいいものだった。

<続>