読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

緒永廣康 「青春浪漫 告別演奏會顛末記」 番外編

13.春の訪れ

 フェアウェル・コンサートが終わって数日間、クマはライブレコーディングした90分のカセットテープ

2本を何度も繰り返し聴いていた。テープの注文はアグリーが20近く集めていたが、そのままダビングする

のではなく、編集して何とか1本にまとめたかったのだ。しかし不要な部分を削っても半分のC-90にする

には演目をカットするしかなく、それは避けたかった。C-120はテープが薄く耐久性に欠けることは当時

の一般常識であったが、アグリーと相談の上、結局それを採用することになった。販売価格はテープ代のみ

で、ダビング等の手間賃は完全に勤労奉仕だった。

 そして、その頃全く違う目的で、全く別のボランティア・グループが、クマの知らないところで動いてい

た。2年4組最期のクラス合宿の前日、クマとアグリーはクマの家でオーダーされたテープのダビングを終

え、めずらしくサイモン&ガーファンクルの歌をクマのギター1本で遊びで録音していた。そこへダンディー

から電話が架かってきた。「あのさぁ・・・女の子達から頼まれて電話したんだけど。」ダンディーはいつも

のように淡々と話を続けた。「ナッパさんが君ともっと親しくなりたいと思っているらしいんだけど、自分

からは言い出せないし、合宿が終わったら君の方から誘って貰えないか、という話なんだ。」クマは最初面食

らったが、そう言えばコンサート終了後、ニッカがセンヌキにナッパを「深沢うたたね団」に入れてくれない

かと依頼した話や、夕日を物憂げな表情で見ていた事など勘案すると、思い当たる節も無いことはない。

2-4インケングループはそんなナッパの想いを忖度し、煮え切らない優柔不断なクマの背中を押す為、ダン

ディーに相談を持ち掛けたのだろう。「良かったじゃないか。」と言うダンディーにクマは礼を言って電話を

切った。彼は自分の置かれている立場を未だよく理解出来ないままアグリーの元に戻って、その話をそのまま

伝えた。アグリーは「やったじゃない。」と喜んでくれたが、心中までは図り知れなかった。

 二泊三日のクラス合宿は南房総の他の都立高校の寮を借りて行われ、引率は担任のカギ付きサナダ。参加者

は「うたたね団」とインケングループ + アルファ。特に何事も起こらず無事終了、夜、渋谷駅で解散となっ

た。そこから各々東急バスで帰宅するのだが、クマとナッパ、他男子2名が同じ路線であるのに、女の子達が

その2名に一緒帰ろうと声をかけ、結局クマはナッパと二人っきりなった。おそらく女子の間で話が出来上

がっていたのだろう。二人は三軒茶屋で降りクマはナッパの家がある三宿まで送ってゆく間に、デートを申し

んで快諾を得た。これから先の事は判らない。しかし二人が新しい世界へ一歩踏み出した事は間違いなかっ

た。至福の輝きか或いは更なる昏冥に向かって。<終>