緒永廣康 「青春浪漫 告別演奏會顛末記」 20(最終回)

12.「Don't Think Twice, It's All Right」クマは呟くように歌った

 とにかく何とか終わったのだ。アグリーはコンサートのライブテープの注文を取って回っていた。クマの

ところにはヒナコとムーがやって来て、「3年で同じクラスです。よろしく。」と挨拶した。彼は珍しく愛想

よく「こちらこそよろしく。」と答えた。その後、ナッパが例のカラオケテープを返しに来た。「これ表の方

も聞いちゃった。いい声ね。」クマは『それで、ほら、他に言うことはないの? 例えば私も実は前からクマ

さんの事が好きだったとか、春休みにデートに誘って欲しいとか・・・』と期待したが、やはり何も無かっ

た。それは本当はクマが言うべき言葉だったのだ。彼はしかし、自分の心を見透かされないように、笑いなが

らわざと怒った振りをした。

 ペチャ松が見に来なかったので残念そうにしているセンヌキに、ニッカはナッパを「うたたね団」に入れて

くれるよう頼んだ。しかし、取敢えず高校生活での青春に決別したつもりの彼は「僕等はもう解散するん

だ。」と冷たく言い放ったのだった。カメは大阪へ行く為、そそくさと帰っていった。

後片付けが行われている間、ナッパはニッカと窓辺にもたれ、思い悩んだような顔をしてうなだれていた。

黄昏は、空と雲と彼女の頬を紅に染めている。それは単にみんな別かれ別かれになるという感傷に浸っていた

だけだったかも知れないが、クマはその表情が何か言いたげだと思った。それ以外の者の顔は、心の中はどう

であれ、なんとなく晴々としていた。

 楽器や機材を再びリヤカーに積み込むと、「うたたね団」はヒナコとムーに手伝わせて、センヌキの家へ

戻って行った。ナッパはさよならさえ言わずに帰ってしまった。

そしてヒナコとムーはセンヌキの家のNAPスタジオで、録音されたばかりのテープを聞くや、地獄の光景を

見たのだった。「うたたね団」が互いに口汚く、けなし合いを始めたのである。

「なんだこれは! センヌキは完全に間違ってるじゃないか。」

「ゴメンよ! 間違ったもんはしょうがないじゃんか。それよか何でクマの声ばかりデカく入ってんの?」

「そうだ、クマの奴が一番感度のいいマイクを取ったんだ。きたねえ野郎!」

「違うよ、俺の方が声量があるんだよ。ボソボソ蚊のなくような声で歌ってんじゃないよ!」

「いや、クマはいつも自分さえ良ければいいと思ってんだ。」

「悪かったねぇ。でもボーカルのバランスを取るのは、ミキサーのトシキの仕事だろう。」

「僕は知らないよ。もともとみんな下手なんじゃない?」核心を突く鋭い一言が出た。

「なに~っ!!」

「いや、そうだ。この曲の時はカメがボリュームをいじってたんだよ。」

「そうかカメの責任か。」

「うん、カメが一番悪い。」もとより喧嘩になる訳でもなかったが、無事欠席裁判が済み、少し落ち着くと、

リヤカーを返しに学校へ戻り、全員近くにある駒沢飯店へ行ってタンメンを食べた。食べながらセンヌキと

ダンディーは、来年の受験の事を話していた。クマはその話に加わろうと、二、三言葉を探したが、すぐに

止めてしまった。彼にとって今は、受験などどうでもよかったのだ。『もうすべては終わったのだ』そんな

感慨がこみ上げてきた。

 店を出て、アグリーがギターを2本持っているのを見たクマは、「家まで1本持って行ってやろうか? 俺

は全部センヌキのところに置いてきたから。」と言った。しかしアグリーは、何故かその申し出を断った。

クマは誰かと一緒に帰りたい気分だったのだ。

そのままそこで全員解散した。もう再びI,S&N も「深沢うたたね団」も共に演奏することはないかも知れ

ない。クマはVANの黒いダッフルコートの襟を立てて、花冷えのする桜並木の一本道をバス停に向かって歩き

出した。去年の秋、文化祭の準備で帰りが遅くなった時、ナッパと二人で歩いたこともあった。あの時、一体

どんな会話をしたのだろう? 何も思い出せなかった。そして今、この夜に・・・。

頭の中では一つの時代が終わったという実感のみが、鈍く響いていた。心を燃やし、費やされた時間が、決し

て意味の無いものではなかったことを彼は知っている。しかし、今にして思えばこの二年間喜び、悲しみ、

そして苦しみなど、どれも些細な出来事に対して向けられたものに過ぎなかった。

「Don't  think  twice,  it' all  right 」昔聞いたボブ・ディランの歌を呟くように口ずさみながら、信号のところ

で立ち止まった彼は、「カフェテラス・ロッシュ」で幸せそうに食事をする、見知らぬ若い二人の影を見て

小さく笑った。そして通りがかったオレンジ色のギャランGTOの爆音が、その声を掻き消しながら、国道

246号線を多摩川に向かって走り去って行くのを、ただぼんやりといつまでも見送っていた。

 

 

 本当にすべてが終わってしまったのだろうか。<完>