読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

緒永廣康 「青春浪漫 告別演奏會顛末記」 17

10.『すべてとお別れだ』クマは心の中で呟いた(1)

 コンサートを数日後に控えて、センヌキの家での I, S & N の練習は、連日夜まで続けられた。しかし今まで

吉田拓郎の歌が全てだと信じてきたセンヌキに、クマの高度というよりは変則チューニングを使ったサウンド

は摩訶不思議の世界で理解出来るはずもなく、いつまでたってもでも自分のパートを覚えられるずにいる。

クマは露骨に嫌な顔をしながら、何度も彼に教え込まなければならなかった。 

 ここで彼等が使っている変則チューニングについて少し触れる。

基本は以前に述べたDチューニング = DADF#ADで、特にクマは自作曲にも多用した。またオーソドックス

チューニングのDとも相性が良く、左右にPANで振ってフィンガリングすると絶妙な雰囲気を醸し出した。

同じD系では、DADDAD、DADGBD も C,S,N&Yのコピーには必須である。DADDAD はマイナーにも、

メジャーにも対応し、ギター1本でソロ演奏にも適している。(代表曲:青い目のジュディー =原曲のキー

はE=)DADGBD はどちらかと言えばブルース系に向いている様に思える。

そして一番難解なのが、D. クロスビーが用いる EBDGAD である。これはD系と全く違い、解放弦で弾いた

だけでも、不思議な感じがするチューニングで、当然通常のコード表など使えない。クマは普通のオープン

リールのテープレコーダーに9.5cm/sec で録音し、4,75cm/secで再生、音程は1オクターブ、速度も2倍に

落ちるが、一音ずつ耳で拾いコピーした。その曲「グウィニヴィア」を意地でもコンサートでやるつもり

だったからである。 尚、C, S , N & Yのアルバムタイトルにもなった名曲「デジャ・ヴ」も、このチュー

ングが使われている。他にはジョニ・ミッチェル等のGチューニングもあるが、クマ達は上手く導入出来

なかった。

 さて、センヌキがクマから厳しい指導を受けていたある日、戸塚に引っ越したばかりのトシキがわざわざ

練習の見学にやって来たが、彼はセンヌキの弟で未だ3歳のサブの面倒を見るはめになってしまい、階段の

上下でみかんを投げ合って、結局、練習に参加する事が出来なかった。因みにセンヌキの兄の名は一郎、

本人は二郎、弟は三郎という。割と安易な大学教授もいるものだとアグリーは笑った。

練習の合間にも、電話で放送委員のリンダさんに放送部備品のマイクスタンドの貸し出しを依頼したり、また

コンサートの実況録音する為の機材も用意され、準備は着々と進められてゆく。写真はマッチビに頼んだ。

 クマ達は基本的にはこのコンサートの目的を、レコーディングごっこの集大成、即ち自分達のライブ・アル

バムを制作することと考えていた。従って他の女子の出演者は、端的に言えば客寄せの餌に過ぎず、主役は

あくまで I,S & N であり、「深沢うたたね団」である。その主役、脇役の在り方を HIM(ヒナコ&ムー)が

メチャクチャにしてしまう事を、彼等はまだ知らずにいたのだった。<続>