読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

緒永廣康 「青春浪漫 告別演奏會顛末記」 15

8.「♩ ・・・♩・・・」ニッカは必死にリズムを刻んだ

 ナッパは正門側の自転車置き場の所で待っていた。『いやあ、お待たせしてゴメン。さあ行きましょうか』

と言おうとしたクマは、彼女の隣にニッカが立っているのを見て、思わず言葉に詰まってしまった。

「ニッカが付き添いで来てくれるって。」ナッパは嬉しそうに言った。

アガタはクマの不運を笑いながら行ってしまい、てっきり彼女が一人で来るものと勝手に信じ込んでいたクマ

は、仕方なしに二人を促して歩き出した。『何か話さねば』焦るクマの前には、お馴染みインケンの見えない

壁が立ちはだかり、彼を拒んでいるかのように二人でケラケラ談笑している。 『これじゃ唯の道案内だ』クマ

意地になって速く歩き、前を行くクマと二人との距離は3m、5m、最大10mまで開いて、彼のセーター

の中は汗だくになった。こんな筈ではなかった20分の道程が彼には途轍もなく長く感じられた。

 ようやくセンヌキの家に着くと、待ち構えていたようにアグリーが階段を飛び降りて来て、自分が風邪で

寝込んでいた間のクラス合宿の準備の進捗状況を、さも心配そうに尋ねている。『いい子ぶるのはよせ!』

すっかりいじけたクマは、迎えに行った事を後悔するのだった。

 早速、練習が始められたが、クマの予想通りアグリーは強引に出しゃばってきて、ギターを弾くことに

なった。ところが信じられないことに、ナッパは先天的ともいうべきリズム音痴で、音程は合っているの

だが、全く伴奏に乗れない。イントロが終わって歌が出ない、メロからサビへ移る時、走る、間奏を飛ばす。

誰かがガイドで一緒に歌うとなんとか追いついて来るのだが、本番は一人で歌わなければならないのだ。

『これは重症だ』相手がナッパでなければ、気の短いクマはとっくに怒鳴り散らしているはずだったが、

あくまで微笑みを絶やさず、しかし少し顔を引きつらせながら、何度も同じフレーズを繰り返す。歌い手の

リズムの変化に臨機応変に対応するNHKのど自慢のバンドリーダーの苦労がわかるような気がした。しかも

「うたたね団」自体にその技量も無かった。それを見てニッカは手やら足を使って、必死にリズムを教えよう

とするのであったが、すべては徒労だった。ニッカは、ボーイッシュな短髪の運動神経抜群の女子で、いつ

だったかクラス対抗のハンドボールの試合で、見事な倒れ込みシュートを放ち、クマはひどく感動した記憶が

あった。運動神経とリズム感に関連があるのかは不明だが・・・。

それはともかく、あのアグネスチャンの歌声をDOLBY NR ON で録音し、OFF で再生するような声で歌って

いるナッパも、次第にうつむきかげんになって来て、何やら気まずい雰囲気が漂ってきた時、センヌキの母親

が救いの差し入れを持ってきた。

「センヌキのところには、めったに女の子の来客が無いのに、今日は二人も来て母上が驚いていたじゃな

い。」何とか場を明るくしようとするクマの冗談に、声を出して笑ったのはアグリーだけだった。クマは

反響の少なさを意外に思いながら、残ったドクターペッパーの姉妹品ミスターピブを飲み干した。<続>