読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

緒永廣康 「青春浪漫 告別演奏會顛末記」 10

4.「許せない!」クマはジェラシーの炎に身を焦がした(2)

 アグリーによる投稿に対する『夢診断』は次のように書かれていた。

    天国の花園より夢見る少女へ・・・

    若い日々の一つの愛は、あなたを今まで行ったことの無い所へ連れていってくれる。

    愛を与える為愛に生き、愛に生きる為、あなたは愛の化身となる。

    夢は眠りの為にあり、愛は涙を流すことの為に・・・。

    そして愛とは愛されたいと願うこと。

    恐れと涙の伴わない愛は真の愛ではない。

                       with Love           DAY DREAMER

『何なのだ、これは!』クマは激しく怒った。『何が with Love だ! 何処が診断だ! これは公私混同だ! 

だいたいやり方がインケンじゃないか!』その上アグリーが、その投稿を自分の家に持って帰ってしまった

も気に入らなかった。クマは決して変態趣味ではないが、それがもしナッパの物であるとしら、彼はきっと

彼女がかんだ鼻紙でも、他人が自分の物にすることを許せなかったであろう。しかも今度の春休みに、再び

クラス合宿が行われることとなり、その責任者の中にナッパとアグリーも入っていて、放課後などに時折数名

で集まり、楽しそうに打ち合わせしているのだ。『許せない!』クマは燃え盛るジェラシーの炎に身を焦が

していた。

 そこで彼は「深沢うたたね団」のトシキを誘い、あるイタズラを実行することにした。その日クマは家に

帰ると、例の便箋に書かれてあるナッパの字を小一時間睨み続け、彼女の筆跡をほぼ完璧にマスターした。

そして『夢診断』に再び彼女が投稿したかのように見せる為、時間も空間も無視したあたかも本当の夢の

ような適当な文章を書いて、翌日こっそりと投書箱に入れておいた。

 はたして、それを最初に見つけたのは、またしてもアグリーだった。彼はクマとトシキが観察しているとも

知らず、ちらっとその紙片を見るや再びポケットにねじ込み、編集部に届けるどころか家に持って帰って

しまった。『ヤツめ、この間の紙と見比べて、筆跡を調べる気だな』クマとトシキは顔を見合わせてほくそ

笑んだ。

 ところが数日経ってもアグリーは一向にそれを持って来ようとしない。"DANDY" の編集の日まであまり

日数が無かった。『アグリーは前回に勝る、超弩級の診断を考えあぐねているのか?』それとなく探りに出た

トシキに何も知らないアグリーは「投稿があったけど、ナッパのものではないようだ。」と漏らした。最初

クマは自分が作文した「夢」をアグリーがナッパのものと勘違し、得意になっているのを見、種明しをして

皆で大いに笑ってやるつもりだった。しかしトシキから報告を聞かされて、再び腹を立ててしまった。

『アイツは何の権限をもって、ナッパ以外の投稿を勝手にボツにするのか!』しかしそれと同時に、あまり

にも子供じみたイタズラをしたという自責の念にもかられたのであった。

 そして木曜日の放課後、いつものように "DANDY" の編集が始められると、アグリーは多少悪びれた態度で

皺くちゃになったクマの書いた「夢」を持ってきた。アグリーが去った後、その紙片はクマの手の中で引き

裂かれていた。<続>