読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

緒永廣康 「青春浪漫 告別演奏會顛末記」 8

3. 「私は怒っています」ナッパは電話の向こうで泣いた (3)

   話が少し遠回りしたが、機関誌 "DANDY" の編集は毎週木曜日に行われていた事は既に述べた。そんなある

日、現国のテストの答案が返って来た。教員チカン清水は一人ずつ名前を呼んで教壇から返却するのだが、

ナッパの時何故か「今回クラスで一番。」と皆に聞かせるよう嬉しそうに言い放ったのだった。教室には一瞬

ある種の違和感が漂い、皆が沈黙した。別に妬みや羨望ではない。清水教員がそんな事を言うのが初めてだっ

たからだ。ナッパは恥ずかしそうに受け取って席に戻り、皆も我に返ったように拍手した。

 その日の "DANDY" 編集は紙面にまだ余白があったのが一番の理由だが、センヌキを中心にアガタ、クマの

三人で、「S教員との対話」と題し、チカン清水とナッパのスキャンダラスな関係、その他教員の糾弾や揶揄

などを書いた誰が読んでも冗談と判る記事をでっち上げた。翌日それを配布する前に、よせばいいのにナッパ

に、これまた冗談で『お詫び状』を編集部一同名で手渡したところ、その日の昼休み、先ず何の関係もない

アグリーが彼女から相当強い口調で抗議を受けた。彼は弁明の機会さえ与えらず、次の授業が体育だった為、

更衣室で殆ど半ベソをかきながら、何故無関係な自分が責められるのかとクマ達に当り散らした。彼にして

みれば恋敵であるクマのした事で、自分がナッパから嫌われてしまう訳にはいかなかったのだ。当事者である

三人は「所詮オタクの日頃の行いが悪いのよ。」などと訳の分からない事を言いながら、さほど気にも留めて

いなかった。

 はたしてクマが帰宅して、いつものようにギターの練習をしていると、ナッパから電話がかかってきた。

考えてみれば、ナッパから電話を貰うのはそれが初めての事だった、クマはその時気づくべきだったろう。

その第一声たるや、「私は怒っています。」ときた。電話のせいかアグネスチャンの歌声が少し笑いを抑えた

ような風に聞こえたクマは、てっきり冗談かと思い、ヤツもなかなかユーモアのある人間だなと感心しなが

ら、『しかし待てよ、わざわざ冗談を言う為に電話して来るということは、ひょっとして俺に気があるの

かな』と勝手な解釈をして、「本当に怒っているの。」と少し馴れ馴れしく訊いた。ところが暫く話している

うちに彼女はなんと泣き出してしまった。『本当に怒っている!・・・』

 クマは幼稚園からこのかた女の子を泣かした事など一度もなかった。どちらかと言えば自分が傷つき泣か

されてきた方が多い位なのだ。泣かした事がないのだから、泣いている、しかも憧れの女の子に対する『傾向

と対策』など知るはずもない。彼はビビった。

 涙声のまま「さよなら」と言って二年近くクマが恋焦がれ続けたマドンナのナッパは電話を切った。

『もしかしたら、これが最期の会話になってしまうのか?』

『あの優しい微笑みは、もう二度と振り向かないのか?』

『あの澄んだ瞳は、再び僕の影を映すことはないのか?』

『この想いを伝える事も出来ず、何も始まらないまま全ては終わってしまうのか?』

『幸せは訪れず、唯、去ってゆくだけなのか?』

彼はどんな場合でも、物事を冷静且つ詩的に考えてしまう癖がある。というのは嘘で、すっかり取り乱し、

慌てふためく自分を落ち着かせようと、手当たり次第に電話を架けまくった。彼等の反応は様々であった。

   センヌキ  「アホクサ」

   ダンディー 「それはナッパさんが君を好きだからだよぅ」

   アガタ   「これはチャンスだ、前よりも進展したぞ」

   アグリー  「アナタ、もう、おしまいよ」

 クマはアガタの答えが気に入った。そしてナッパに電話をし、出来うる限りの誠実さを装い、自分でも

バカバカしくなる程神妙に謝り、取敢えず機嫌を直して貰う事に成功した。

心の中に新たな期待が大きく膨らんでいくのを感じながら、しかし顔の締まりが無くなり、だらしなく微笑ん

でいることには、まるで気付いてはいなかった。  <続>