読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

緒永廣康 「青春浪漫 告別演奏會顛末記」 7

3. 「私は怒っています」ナッパは電話の向こうで泣いた (2)

 『五行 ①中国古来の哲理にいう、天地の間に循環流行して停息しない木・火・土・金・水の五つの元気。

万物組成の元素とする。』(広辞苑第六版より抜粋)

 

 現国の教員チカン清水は中間、期末といった定期試験の他、予告、抜き打ちのテスト以外、あまり教科書に

従わず生徒達に題目を指示しさかんに作文を書かせた。それは「現代国語の授業の最終目的は文章を書ける

ようになる事」という彼の持論によるものであり、授業中であったり宿題となった。 問題はその作文の評価

だった。試験やテストは100点満点方式で査定されたが、作文には漢字一文字が赤鉛筆で書かれているだけな

のだ。清水教員は手の内を明かさないし、生徒は面食らった。「俺は "金" だ。」と喜ぶ者あり、「私は "火"

だけど。」と訝しがる者もいる。やがて生徒達はカレンダーの曜日順ではないかと推測したが、更に回数を重

ね情報を収集すると "日” と "月”が無い事が判明し、皆で色々調べた結果、ようやく木火土金水の順に高評価

だという結論で落ち着いた。しかし教員は最後まで真実を語らずニヤニヤ薄ら笑いを浮かべるだけだった。

   因みにクマはいつも "木" だったが、一度だけ題目「旅」で授業中に書いた短文では違う評価を受けた。

 

               「青春の旅路」

                              2年4組  クマ

   まだ明けきらない紫色の空が遠く流れる雲の影を写して、

  目覚めた渡り鳥のように、一人また一人、今再び旅立つ。

  通り過ぎる思い出を置き去り、まだ見ぬ明日を追って、旅を続けるのは人の定め。

  傷ついた涙と失くした愛を、誰が忘れずにいられるだろうか。

  「さようなら」という言葉を何度も呟きながら、行ってしまう心。

  僕等はここまでの旅に疲れてしまった。

     新しい道には別の君が待っているかも知れない。そんなささやかな望みも

  いつか捨てる時が来て、その時また立ち止まって振り向く事が出来たら、

  きっと誰かが微笑みかけてくれるのを待っているだろう。

   今、青春という儚い道程が終わる頃、子供の夢は波に浚われる砂の城のように

  脆く崩れてゆく。

  忍び寄る冬の足音に外套の襟を立てて、ここに一つの別れと出会いがある、

   そしてまた新しい涙を求めて、旅は永遠に続く。

 

 数日後、クマの手元に戻ってきた原稿用紙には、「名文!」と二文字、赤鉛筆で書かれてあった。<続>