読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

緒永廣康 「青春浪漫 告別演奏會顛末記」 5

2.「僕達は週刊DANDYを発行します」編集部一同が宣言した (2)

 一方コンサートの方は、「2-4 フェアウェル・コンサート」と名をうって "DANDY" の紙面を借り、

PRが始められた。

ウッドストックバングラデシュと並ぶ愛と平和と音楽の祭典」とは、無論冗談とはいえ、あまりにも

大袈裟で馬鹿げたフレーズだが、

「あ~ら奥さん " フェアウェル・コンサート " ってご存知?」「そりゃ知ってるわよ、お隣でもその話

でモチキリよ」=なんたって、『フェアウェル・コンサート』 だからして=はアグリーのハイプの極致

言えた。

また教室の壁にある掲示板には、クマやアグリーが自宅での勉強時間を惜しみなく割いて描いたポスタ

が貼られた。そしてその祭典の日時は1974年3月25日、終業式終了後と定めた。

 さて"DANDY"の編集及びガリ版刷は、主に木曜日に行われていたが、機関誌作成に必要なボールペン原紙、

藁半紙、輪転機などは、アガタの迫力ある顔で、すべて新聞委員会の物を流用していた。木曜日は何故か

女子も十名程残って、例のムーが弾くお世辞にも決して上手とは言えないギターに合わせフォークソング

流行歌を歌っていた。クマ達は計画通り、ムーと歌に多少自信があるらしいサチコにコンサートの出演依頼書

を渡し、了承を得た。ムーはヒナコとかいう1組の女子と一緒にやるとのことであった。 このムーとヒナコ

(HIM)二人と、アグリー、クマの四人はグループを組んで、その7か月後、世田谷区民会館のステージ立つ

ことになるが、この物語ではそれには触れない。

 そんなある日、クマが放課後教室で "DANDY" のガリを切っていると、突然ナッパが彼の所にやって来た。

「あの~」アグネスチャンの歌声にローフィルターをかけたような声だ。クマは実にその声が好きでたまら

なかったのである。彼は書く手を止めて顔を上げた。

「・・・フェアウェルっていうのは、自分達が演奏するのを聞かせるんですか。それとも皆で・・・。」

ナッパの問いかけに一瞬間をおいて、

「皆で楽しくやろうというものですよ。出ませんか、なんか皆でよく歌っているみたいだけど・・・。」

クマは言葉の内容と違って、緊張のあまりひどく事務的な口調で答えた。ナッパは軽く頷いて、納得と

いった表情を作った。 クマはそこでもうひと押しすればいいところを、何となく面映ゆい気がして再び

下を向いて描き始める。彼女は何か言いたげに暫くそこに立っていたが、やがて兎のように跳ねて教室の

外に消えて行った。すかさず傍にいたセンヌキが言う。

「いいの? あんなに冷たくあしらって。」クマは決してそんなつもりではなかったのに、そう言われれば

そういう気がしないでもなく、翌日改めて正式に出演依頼書を渡す事にしたが、彼は自分の気持ちがいつも

裏腹になって態度に現れることをもどかしく思うのであった。